過活動膀胱の方へ、ボツリヌス療法を開始しました。

当院にて過活動膀胱の方へボツリヌス療法を開始しましたlaugh

ボツリヌス療法とは

胱の筋肉を緩める薬(ボツリヌス)を膀胱内に直接注射する治療法です。過剰な膀胱の筋肉の緊張を緩めて異常な膀胱収縮を抑えます。現在世界90ヵ国で認可されています。(2019年12月)

対象

活動膀胱と診断され薬物療法(ベタニス・ベオーバなどのβ3刺激薬やベシケア・トビエースなどの抗コリン薬)を内服しているが効果が乏しい方、排尿筋を鍛える運動(膀胱訓練・骨盤底筋運動)を試したが改善しなかった方が対象です。

治療

胱鏡を使用し、異常な収縮が生じている膀胱の筋肉に20~30ヵ所直接注射をします。注射による痛みを緩和する為に局所麻酔を使用します。治療は10~20分ほどで終了します。入院せず外来にて治療を行えます。

効果

療後2~3日で効果が現れます。治療後一旦、過活動膀胱の内服薬は中止します。初回治療2週間以内に残尿量を測定し効果を確認します。その後は症状に応じた診察となります。一般的に4~8ヶ月効果が持続し、治療を受けた方の8割が効果を実感できたと報告されています。

副作用

尿路感染症、残尿の増加・尿閉があります。尿路感染症に対しては抗生剤の投薬を行います。残尿の増加・尿閉は時間とともに症状は改善しますが、一時的に自己導尿が必要な場合があります。

hainyo-onayami.jp

 

不明な点がございましたら直接、院長までご相談ください。    

                                   うえだ泌尿器科    院長 上田 耕平smiley